総合診療専門医

総合診療専⾨医とは

委員⻑挨拶

 総合診療専門医は、2013年4月の「厚生労働省 専門医の在り方に関する検討会報告書にもとづき、総合診療領域を「基本領域」として加えること、専門医の名称は「総合診療専門医」とし、19番目の基本領域として養成することとされた。総合診療医に求められるものとしては、「日常的に頻度が高く、幅広い領域の疾病と傷害等について、わが国の医療提供体制の中で、適切な初期対応と 必要に応じた継続医療を全人的に提供することが求められる。」とされた。領域別専門医が「深さ」が特徴であるのに対し、総合診療医は「扱う問題の広さと多様性」が特徴である。領域別専門医の18基本領域が、より高度な専門性を追求するのに比べると、地域医療では、より幅広い領域の診療も求められ、まさに総合診療領域が必要とされる。
 ほかの基本領域には、対応する学会があるが、総合診療領域には、数多くのステークホルダーはいるが、統括する学会がないために、機構のADHOC委員会の総合診療専門医検討委員会がその役目を担い、他の基本領域の学会機能、学術集会開催、会員管理、専門医育成、研修施設管理、専門医試験、専門医取得後のキャリアパスの見える化などの機能を充実させ、さらに第三者機関としての学会監視機能の役目をもつ責務がある。2018年4月より新専門医制度がスタートし、「総合診療専門医」の専門研修も開始されたが、もっと多くの研修医に専門医取得を希望してもらえるように、総合診療専門医委員会に下部組織ワーキングチームを設置して、諸課題の検討・対応、速やかな情報発信などを行って、さらに医学生、初期研修医、専攻医の意見も聴取する説明会なども開催したい。

   2019年9月吉日

一般社団法人 日本専門医機構

総合診療専門医検討委員会

委員長 羽 鳥  裕

専攻医(専⾨研修を希望する⽅)医学⽣・研修医の⽅

研修プログラムスケジュール

2020年4月からの総合診療専門研修の登録につきましてお知らせいたします。
総合診療専門研修を希望されるは、下記日時より、以下のURLからご登録・ご応募が可能となります。
希望される方は、確認の上、ご登録ください。

2019年9月吉日

一般社団法人 日本専門医機構

■専攻医一次登録
登録期間2019年10月15日 12時 ~ 2019年11月15日 12時 まで
面接など2019年11月25日 12時 ~2019年12月15日 12時 まで
採否結果通知2019年12月16日 午後
■専攻医二次募集
登録期間2019年12月17日 12時 ~2020年1月10日 12時 まで
面接など2020年1月20日 12時 ~2020年2月4日 12時 まで
採否結果通知2020年2月5日 午後
■専攻医の二次登録までに専門研修先が決定しない場合の登録(募集)
2020年2月6日~2020年2月20日まで、一次募集・二次募集と同じように手続きを行ってください。
※シーリング数に達した領域、都道府県は除く。

応募フロー

専攻医登録
専門研修希望領域(学会)のホームページより専攻医登録サイトにアクセスし、専攻医データベースに自身のデータを入力してください。

●氏名(フリガナ)/生まれ年(西暦)/性別

●医籍登録番号/登録年

●修了した臨床研修プログラム/修了年月日

●メールアドレス

●登録時点で希望する専攻診療領域 など

専攻医登録
専攻医登録サイトに研修プログラム等が掲載されます。
専攻医登録
専攻医登録から募集締め切りまで1ヶ月間あります。その間に、希望する基幹施設の見学などを行い、熟慮して一次募集の応募先を決定してください。
その後、専攻医登録サイトから応募してください。各プログラムへの応募状況は締め切り期日まで時々刻々HP上で確認することができますので専攻医の先生方は全国の状況情報を確認し、熟慮の上応募プログラムを決めて下さい。応募は1領域の1プログラムに限ります。 また、専門医機構は初期臨床研修のようなマッチングは行いません。必ずご自身で応募先を決定し、応募を行ってください。
専攻医登録
各プログラムごとに面接などがあります。 プログラム統括責任者から案内があるので、それに従ってください。
専攻医登録
採用試験の結果、採用となった場合はプログラム統括責任者の指示に従って、翌年からの研修を準備してください。 不採用になった場合には、二次募集に応募することは可能です。

*一次募集不採用の場合:一次募集に応募されていない方も二次募集に応募可能です。

専攻医登録

2019年10月15日 12時(正午)より、下記よりログインして登録等が行えます。

こちらは「総合診療領域」の専門研修プログラム専用の入口となります。
総合診療領域以外の専門研修プログラムを希望される方は、その領域の学会ホームページよりご登録ください。

専攻医登録システム
専攻医登録システム

※地域枠やカリキュラム制を選択される方は「【専攻医登録について】地域枠を選択される先生方へ」「【専攻医登録について】カリキュラム制を選択される先生方へ」をご確認ください。

※なお、出産・育児等で研修に支障がでた女性医師等についてはプログラムやスケジュール変更等にて対応いたします。

専攻医登録システムの専攻医向けマニュアル
「専攻医登録システム操作マニュアル(専攻医登向け)」は下記よりご確認ください。
ダウンロードも可能です。

研修プログラム整備基準

総合診療領域専門研修プログラム整備基準
総合診療領域専門研修プログラム整備基準

研修開始届

研修手帳

年次報告書(専攻医用)

 この年次報告書は、整備基準8「専門研修プログラムの評価と改善」に基づき、日本専門医機構認定の総合診療専門研修プログラムにおける研修指導の現状把握と教育の質向上を目的として提出していただくものです。結果は、当機構におけるプログラム認定制度や指導医養成プログラムの改善等に利用します。また、報告書の内容を集計してプログラム名や個人情報がわからないようにした状態で統計データとして公表することがあります。
 この年次報告は専攻医の視点からの指導医および研修プログラムの評価であって、専攻医個人の評価とは一切関係しません。内容についてお問い合わせをする場合がありますので記入者名を書いていただきますが、どなたが記入したのかは、当委員会以外に知られることがないように致します。また、原則として所属するプログラム責任者や指導医に内容を知らせることはありませんし、緊急に介入が必要な状況など、機構として対応する必要が生じた場合でも、記入者の許可なく情報を伝えることはありません。各年度の終了時点で毎年提出していただきますよう、よろしくお願いいたします。

日本専門医機構 総合診療医検討委員会

年度採用数

研修に関する専攻医アンケート

 2018年度から総合診療専門研修が開始され約1年半が経過しました。新しく専門医として確立された分野であり、より良い制度づくりのため、今後も制度およびその運用について継続的な議論を行っていきます。
 その一環として、総合診療領域の専門研修を開始された専攻医の皆さんのご意見をお聞かせいただきたいと思います。より良い制度づくりのため、ご協力をお願いいたします。

日本専門医機構 総合診療医検討委員会