総合診療専門医

総合診療専⾨医とは

委員⻑挨拶

 総合診療専門医は、2013年4月の「厚生労働省 専門医の在り方に関する検討会報告書にもとづき、総合診療領域を「基本領域」として加えること、専門医の名称は「総合診療専門医」とし、19番目の基本領域として養成することとされた。総合診療医に求められるものとしては、「日常的に頻度が高く、幅広い領域の疾病と傷害等について、わが国の医療提供体制の中で、適切な初期対応と 必要に応じた継続医療を全人的に提供することが求められる。」とされた。領域別専門医が「深さ」が特徴であるのに対し、総合診療医は「扱う問題の広さと多様性」が特徴である。領域別専門医の18基本領域が、より高度な専門性を追求するのに比べると、地域医療では、より幅広い領域の診療も求められ、まさに総合診療領域が必要とされる。
 ほかの基本領域には、対応する学会があるが、総合診療領域には、数多くのステークホルダーはいるが、統括する学会がないために、機構のADHOC委員会の総合診療専門医検討委員会がその役目を担い、他の基本領域の学会機能、学術集会開催、会員管理、専門医育成、研修施設管理、専門医試験、専門医取得後のキャリアパスの見える化などの機能を充実させ、さらに第三者機関としての学会監視機能の役目をもつ責務がある。2018年4月より新専門医制度がスタートし、「総合診療専門医」の専門研修も開始されたが、もっと多くの研修医に専門医取得を希望してもらえるように、総合診療専門医委員会に下部組織ワーキングチームを設置して、諸課題の検討・対応、速やかな情報発信などを行って、さらに医学生、初期研修医、専攻医の意見も聴取する説明会なども開催したい。

   2019年9月吉日

一般社団法人 日本専門医機構

総合診療専門医検討委員会

委員長 羽 鳥  裕

専攻医(専⾨研修を希望する⽅)医学⽣・研修医の⽅

応募フロー

専攻医登録
専門研修希望領域(学会)のホームページより専攻医登録サイトにアクセスし、専攻医データベースに自身のデータを入力してください。

●氏名(フリガナ)/生まれ年(西暦)/性別

●医籍登録番号/登録年

●修了した臨床研修プログラム/修了年月日

●メールアドレス

●登録時点で希望する専攻診療領域 など

専攻医登録
専攻医登録サイトに研修プログラム等が掲載されます。
専攻医登録
専攻医登録から募集締め切りまで1ヶ月間あります。その間に、希望する基幹施設の見学などを行い、熟慮して一次募集の応募先を決定してください。
その後、専攻医登録サイトから応募してください。各プログラムへの応募状況は締め切り期日まで時々刻々HP上で確認することができますので専攻医の先生方は全国の状況情報を確認し、熟慮の上応募プログラムを決めて下さい。応募は1領域の1プログラムに限ります。 また、専門医機構は初期臨床研修のようなマッチングは行いません。必ずご自身で応募先を決定し、応募を行ってください。
専攻医登録
各プログラムごとに面接などがあります。 プログラム統括責任者から案内があるので、それに従ってください。
専攻医登録
採用試験の結果、採用となった場合はプログラム統括責任者の指示に従って、翌年からの研修を準備してください。 不採用になった場合には、二次募集に応募することは可能です。

*一次募集不採用の場合:一次募集に応募されていない方も二次募集に応募可能です。

研修プログラム整備基準

総合診療領域専門研修プログラム整備基準
総合診療領域専門研修モデルプログラム

研修開始届

研修手帳

オンライン研修手帳「J-GOAL」
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
J-GOAL
研修手帳
2019年度に総合診療専門研修を開始した専攻医の方へ
2019年度に総合診療専門研修を開始した専攻医を対象に、オンライン研修手帳の公開を2020年4月に予定しています。オンライン版の公開に先駆け、暫定的に記録して頂けるように暫定印刷版(Microsoft Wordファイル形式)を公開しました。上記リンクからダウンロードし、御利用下さい。なお、あくまでもオンライン版が正式な研修記録であり、暫定印刷版は正式な記録とはなりませんので、ご注意下さい。
2018年度に総合診療専門研修を開始した専攻医の方へ
2018年度からに総合診療専門研修を開始した専攻医は、以前より公開されている2018年度版の研修手帳を引き続きお使い頂いても結構ですし、2019年度版研修手帳(暫定印刷版に限定)をご利用頂くことも可能です。ただし、2018年度版と2019年度版の併用はできませんので、必ずどちらか一方を選択して下さい。
経験省察研修録の様式一本化について
経験省察研修録は、昨年度より、目標が細かく設定されている以前使用していたもの(タイプA)と大枠(総合診療の7つの資質能力)を示して自律的な学修を促すもの(タイプB)の2つが存在し、混乱を招く結果となっておりました。

総合診療検討委員会での議論の結果、タイプAはタイプBに包含することが可能であることから、2020年度研修開始の専攻医から、いわゆるタイプBのみに一本化することになりました。また、タイプA、タイプBという名称は使用せず、「経験省察研修録」と呼ぶことになりました(本メールでは、説明をわかりやすくするため、便宜上、使用させていただきます)。今年度から使用が開始されている研修手帳(J-GOAL)においても、それが反映されております。

皆様へのご説明が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

一本化された様式は、内容の自由度は高いものとなっておりますので、プログラム統括責任者の皆様や現場の指導医の皆様が指導をしやすいやり方で使用していただければと存じます。

また、2020年度に研修を開始した専攻医の皆さんにおかれましては、どのように経験省察研修録を作成していくかは、所属する研修プログラムのプログラム統括責任者や指導医とご相談いただければと存じます。

研修評価に関連する書式

総合診療専門研修プログラム

 プログラム統括責任者 各位

 大変お待たせしておりましたが、研修評価に関連する書式について、日本専門医機構の以下のホームページにアップいたしましたので、ご活用いただければ幸いです。
 なお、研修手帳については、オンラインで利用できる新たなフォーマットを準備しているところです。近日中に公開予定ですが、利用できる状態になりましたら改めてご連絡を差し上げますので、もうしばらくお待ちください。
このことについて、何かご質問がございましたら機構事務局(info-gpr@jmsb.or.jp)までご連絡ください。
 総合診療専門研修充実のため、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
日本専門医機構 総合診療専門医検討委員会
委員長 羽鳥 裕
■ 短縮版臨床評価テスト(Mini-CEX)
■ 多職種による360°評価
■ ケースに基づくディスカッション(CbD)

年次報告書(専攻医用)

 この年次報告書は、整備基準8「専門研修プログラムの評価と改善」に基づき、日本専門医機構認定の総合診療専門研修プログラムにおける研修指導の現状把握と教育の質向上を目的として提出していただくものです。結果は、当機構におけるプログラム認定制度や指導医養成プログラムの改善等に利用します。また、報告書の内容を集計してプログラム名や個人情報がわからないようにした状態で統計データとして公表することがあります。
 この年次報告は専攻医の視点からの指導医および研修プログラムの評価であって、専攻医個人の評価とは一切関係しません。内容についてお問い合わせをする場合がありますので記入者名を書いていただきますが、どなたが記入したのかは、当委員会以外に知られることがないように致します。また、原則として所属するプログラム責任者や指導医に内容を知らせることはありませんし、緊急に介入が必要な状況など、機構として対応する必要が生じた場合でも、記入者の許可なく情報を伝えることはありません。各年度の終了時点で毎年提出していただきますよう、よろしくお願いいたします。

日本専門医機構 総合診療医検討委員会

報告対象期間 2019年4月1日〜2020年3月31日
報告対象者 上記期間中に総合診療専門研修プログラムを行っていた専攻医
(異動、中断等も含む)
提出締切 2020年6月22日(月)

年度採用数