専門医の方

専門医の更新

専門医 認定・更新概要

専門医認定・更新委員会 委員長挨拶
日本専門医機構 専門医認定・更新委員会
委員長 大川 淳
 2020年7月17日から市川 智彦前委員長を引き継いで、専門医認定・更新委員会委員長を拝命いたしました。 専門医認定・更新委員会(以下本委員会と略す)では、専門医制度整備指針に準拠して専門医の認定ならびに更新に関する作業を行っています。2020年2月の理事会で承認された専門医制度整備指針(第三版)」ならびに、2019年1月18日に理事会で承認された「専門医制度新整備指針(2016年12月版)」における「専門医の更新」に関する補足説明」に沿って作業を進めています。2018年4月からは共通講習申請の手引き」の運用を開始しています。(2021年4月1日より2020年3月改訂共通講習申請の手引き」が施行されます。)
 基本領域において2018年から専門研修プログラムによる新たな専攻医研修が始まりました。2021年3月に専門研修プログラムを修了した専攻医は、翌年度に機構による専門医の認定を受けることになります。本委員会はこの認定作業も担当しており準備を進めています。本委員会ならびに専門医認定・更新委員会/基本領域専門医委員会合同員会等において審議を重ね、理事会による承認の後に認定の手順を定める予定です。 機構の基準による専門医の更新は2015年度から開始され、現時点で7割以上の領域において機構の基準による更新が実施されています。本委員会では基本領域における専門研修プログラムの進捗と足並みをそろえつつ、サブスペシャルティ領域の状況も考慮しながら遅滞なく作業を進めていきます。
 これらの進捗を含め、各種決定事項につきましては順次サイトを通じて掲載していく予定としておりますので、ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

2020年7月17日

専門医更新基準

基本領域学会・専門医更新基準
基本領域学会専門医更新基準の閲覧は下記をクリックしてください。

※マークの閲覧につきましては、該当する基本領域学会のIDとパスワードが必要となります。

詳細につきましては、各基本領域学会へお問い合わせください。

認定証再交付・英文認定証発行について

専門医認定証再交付をご希望の場合

日本専門医機構認定専門医認定証の再交付は有料にて承っております。(発行手数料:5,500円(税込))
専門医認定証再交付申請書をこちらから取得していただき、下記の申請方法の通りお申込みください。
申請書と発行手数料の入金を確認後、1ヵ月以内に認定証と受領書を簡易書留にて送付致します。

※1ヵ月以上経っても認定証がお手元に届かない場合は、機構事務局までご連絡をお願い致します。

申請方法
専門医認定証再交付申請書に必要事項をご記入の上、機構事務局まで郵送にてお送りください。
発行手数料5,500円(税込)を指定の口座にお振込みください。

※送付先、振込先情報は申請書に記載しておりますのでご確認ください。

ただし、日本専門医機構認定専門医認定証が未着の場合にはこちらで認定証の発送確認をいたしますので、必要事項(氏名、領域名、専門医番号(不明な場合は生年月日)、直近の専門医認定期間)をご記載の上、事務局までお問合わせください。

英文認定証をご希望の場合

英文認定証の発行は有料にて承っております。(発行手数料:5,500円(税込))
英文認定証発行申請書をこちらから取得していただき、下記の申請方法の通りお申込みください。
申請書と発行手数料の入金を確認後、1ヵ月以内に英文認定証と受領書を簡易書留にて送付致します。

※1ヵ月以上経っても英文認定証がお手元に届かない場合は、機構事務局までご連絡をお願い致します。

申請方法
英文認定証発行申請書に必要事項をご記入の上、機構事務局まで郵送にてお送りください。
発行手数料5,500円(税込)を指定の口座にお振込みください。

※送付先、振込先情報は申請書に記載しておりますのでご確認ください。

講習会

共通講習について

専門医向け共通講習について

 新専門医制度では基本領域全ての専門医が共通講習を受講することとなり、当機構認定専門医を更新する際は、共通講習の受講単位が必須になります。
 共通講習会については、各基本領域学会または日本医師会及び都道府県医師会等が開催するもの、基幹施設・連携施設である医療機関が開催するものがあり、何れも講習会主催者側から各審査機関へ申請(共通講習の流れ図ご参照)され、承認された講習会が単位付与の対象となります。その他に 省庁および各種公共団体の主催する講習会で、日本専門医機構が予め共通講習として認めた講習会があります。
 共通講習のカテゴリー等については、必修講習は医療倫理(臨床倫理、研究倫理、生命倫理を含みます)、感染対策、医療安全となります。詳細については、専門医認定・更新の補足説明共通講習申請の手引き等をご確認ください。
 取得すべき単位数については、該当領域にお問い合わせいただくか、該当領域の更新基準をご確認ください。また、共通講習の単位取得の実例等も併せてご参考にしてください。
 共通講習を受講された場合には、主催者側より受講証明書が発行*されます。受講証明書は当機構認定専門医更新申請の際に必要となりますので、大切に保管してください。
(*各基本領域学会又は日本医師会が審査する講習会でICカード、バーコード等で出席管理を行った場合を除く)

共通講習会情報

※参加、参加費等、受講については、あらかじめ、事前申し込みが必要なところもございますため、主催者及び各基本領域学会にお問い合わせください。

※各領域専門研修施設群のいずれかの施設ならびに関連する施設で開催される専門医共通講習につきましては、 2018年度より機構にて事前審査を行っております。 2017年度開催のものにつきましては各学会様の御判断となりますのでお手数ではございますが、 各基本領域学会にお問い合わせ頂きます様、お願い申し上げます。

基幹施設・連携施設である医療機関が主催・開催する共通講習情報
基本領域学会の専門医共通講習情報

※マークの閲覧につきましては、該当する基本領域学会のIDとパスワードが必要となります。

詳細につきましては、各基本領域学会へお問い合わせください。

日本医師会認定の専門医共通講習情報

専門医共通講習e-ラーニング

日本専門医機構専門医共通講習e-ラーニングは、専門医共通講習の単位取得ができます。
下記よりアクセスをお願い致します。

※ご利用には、専門医共通講習e-ラーニングシステムへの登録が必要となります。

 ご登録方法の確認は、上記アクセスの上、ログインページ下記にある操作マニュアルをご確認ください。

※受講には、1講座3,300円(税込)の受講料がかかります。(クレジット決済のみ対応)

※専攻医の方は、専攻医のプログラムの中にも共通講習のカテゴリー(医療安全・医療倫理・感染対策)が含まれてはおりますが、専門医更新の共通講習と同様の内容とするかについては各基本領域学会で判断が異なりますのでご留意ください。